このメニューでは骨盤矯正に関するお役立ち情報を公開しています。
【お役立ち情報】スマートな美しい身体を作る骨盤矯正

【お役立ち情報】スマートな美しい身体を作る骨盤矯正


【お役立ち情報】スマートな美しい身体を作る骨盤矯正
股関節から大腿骨へ骨盤というのは繋がっていることから、骨盤が歪むと大腿骨にも影響を与えることになります。
美容をするにあたって大きな悪影響をこのことから骨盤の歪みを放っておきますと、与えてしまうことに繋がるのです。

日本人特有の体型の一つとしてO脚が挙げられ、悩まされている方も多くいます。
とにかくまず始めに骨盤矯正をしなければいけなく、O脚となってしまいますと、改善することが難しいのでご注意ください。
元々はまっすぐ伸びている大腿骨と頚骨のバランスが大腿骨に大きな歪みが現れてしまうと、崩れてきてしまいます。
不自然なスタイルを作ってしまうことになり、スマートで美しいスタイルを求めているのでしたらこれは天敵となるのです。




【お役立ち情報】スマートな美しい身体を作る骨盤矯正ブログ:18/10/17

おっはー

洋食料理、中華料理に比べて、
和食は減量にいいって聞きますよね。

それは料理に使う油の量や、
調理方法が違うからなんです。

料理について少し気を遣うと
減量成功に近づきますよ。

だからといって、
「食べるな!」とはいいません。
ただ、減量を成功させるためには、
ある程度我慢するのも必要でしょう。

やっぱり揚げ物って、
数ある食品の中でも特に油を含む、
高カロリーな食品です。

どのくらい高カロリーなのかというと…

例えば、とんかつ。
このとんかつは1枚(100g)で
約450カロリーあります。

このとんかつを、
豚のソテーに変えたら、
1枚(100g)で約300カロリーほどしかありません!

このように、
同じ食材でも、調理方法を変えるだけで、
なんと約150カロリーも違いがでるのです。

…ということは、
毎日の食べる事の中で、
揚げ物を食べる回数を調節するだけでも
大きな減量効果が期待できると言えますよね。

こういった調理方法をしっかり覚えておけば、
「大好きなお肉も我慢しなきゃ・・・」
「チーズケーキみたいな甘いものは絶対駄目!」
なんて事も少なくなって、
減量生活にも少しは余裕が出てくるんじゃないでしょうか?

まずは
自分が7日間の食べる事のうち、
平均何食揚げ物を食べているかを把握して
徐々に減らすようにしてみてはいかがでしょう。

最終的には
揚げ物を食べるのは
7日間に1~2回程度に抑えたいところですね。

まぁそこまでできなくても
揚げ物は高カロリーと意識するだけでも
減量中の食べる事の改善には役立つと思いますよ!

応援クリックしてね・・・プチ
【お役立ち情報】スマートな美しい身体を作る骨盤矯正

【お役立ち情報】スマートな美しい身体を作る骨盤矯正

★メニュー

【お役立ち情報】スマートな美しい身体を作る骨盤矯正
【お役立ち情報】太もものダイエットに骨盤枕
【お役立ち情報】骨盤ベルトで腰にかかる負担も軽減
【お役立ち情報】ブライダルエステの前にカウンセリングを受ける
【お役立ち情報】ストレスを解消することも大切な小顔
【お役立ち情報】痩身には超音波で脂肪を液状化
【お役立ち情報】骨盤ダイエットなら綺麗な逆ハート型を作る
【お役立ち情報】骨盤矯正には生活スタイルを見直す
【お役立ち情報】理想のボディを手に入れる骨盤ダイエット
【お役立ち情報】健康的なダイエットを実現するエステ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)自分が求める骨盤ダイエット方法を探しまSHOW